男性医師

効果的な性病検査を行なうための基礎知識|正しい性病の情報

3種類のやり方

カウンセリング

HIV検査が受けられる場所は、医療機関や保健所などがあります。HIV検査にお金はかけられない、という方は保健所を利用すると良いでしょう。保健所なら無料でHIV検査を受けることができますし、匿名でも大丈夫なので、誰かに知られるという心配もありません。HIV検査を行なっている曜日や時間は決められているので、事前に確認しておいたほうが良いです。医療機関でHIV検査を受ける場合は、3,000円~7,000円程度発生します。検査ができる診療科は、婦人科や泌尿器科、性病科などがあります。お金はかかってしまいますが、安心感がありますし、困ったときにすぐに足を運ぶことができます。最近主流になってきているのが、検査キットを使った検査方法です。検査キットを使えば、自宅で検査物を採取して、郵送で検査機関に送ることができます。検査の方法は、保健所や医療機関などと同じなので、確かな結果を知ることができます。また、検査結果もインターネットで知ることができるので、誰にも合わずにHIV検査ができます。検査キットは、種類によっても異なりますが、5,000円程度で購入できます。

HIVに感染しているのかもしれない、という不安を抱いたまま生活するのはとても苦しいものです。その不安を取り除くためにも、HIV検査はしたほうが良いです。陽性だった場合はすぐに治療を始めることができますし、陰性だった場合は安心を得ることができます。