医者と看護師

効果的な性病検査を行なうための基礎知識|正しい性病の情報

クリニックで調べる

ドクター

自覚症状がない性病は、知らない間に感染していることが多いです。治療をしないと、悪化していく一方なので、注意したほうが良いです。東京のクリニックで性病検査をすることで、自分が性病かどうか判断できます。

詳しくはこちら

スクリーニング検査

病院

エイズは免疫力を低下させる怖い病気なので、放置しないことが重要です。エイズ検査では、スクリーニング検査と確認検査の2種類行ないます。スクリーニング検査を受けるときは、期間に注意しておいたほうが良いです。

詳しくはこちら

2人で検査

聴診器

性病検査をする上で重要になるのが、カップルで一緒に検査をするということです。その理由は、1人が検査をして治療を始めた場合でも、相手が性病に感染していたら1度完治しても再度感染してしまうからです。このように性病が行き来することを、ピンポン感染と言います。風俗や浮気などが原因で性病に感染したら、なかなかパートナーに言いづらいものですが、正直に話して2人で性病検査をしたほうが良いです。医療機関に行ったり検査キットを使ったりすることで、性病検査を行なえますが、検査をするときは幅広い範囲の性病を調べたほうが良いです。狭い検査範囲で陰性が出た場合でも、違う性病に感染している可能性もあります。それに気づかないと大変なことになってしまうので、性病検査をするときは、幅広く行なったほうが良いです。

主流になっている検査キットですが、この検査キットを利用するメリットは、自分が好きなタイミングで検査できることです。保健所や医療機関で性病検査をする場合、利用できる時間が決められているので、忙しい方だと足を運ぶのが難しくなってしまいます。しかし、検査キットは、自分で検体採取ができるので、忙しい方でも無理なく検査できるのです。また、郵送をしたら2日程度で結果がわかるので、医療機関よりも短い期間で結果を知ることができます。友達や家族にバレないというのも大きなメリットです。恥ずかしくて保健所や医療機関に行けないという方でも、検査キットなら安心して利用できます。

3種類のやり方

カウンセリング

HIV検査は主に、医療機関や保健所、検査キットなどで行なうことができます。保健所は無料で行なうことができますし、検査キットなら自宅にいながら検査物を採取できます。

詳しくはこちら

おすすめ関連リンク集

  • GME医学検査研究所

    匿名で専用のキットを用いて検査を進めていきます。性病検査が必要であるという場合に利用を検討しておこう。